ルヴァン杯決勝、MF菅の一撃で札幌先制 勝てばともに初優勝、川崎が開始10分に失点

コンサドーレ札幌MF菅大輝が先制ゴール【写真:Getty Images】
コンサドーレ札幌MF菅大輝が先制ゴール【写真:Getty Images】

札幌が鋭い攻撃を繰り出し、菅のシュートがクロスバーと相手GKに当たってゴール

 日本の国内三大タイトルの1つ、ルヴァン杯の決勝が26日に埼玉スタジアムで行われ、コンサドーレ札幌が川崎フロンターレを相手に立ち上がり10分で先制に成功した。

 これが3クラブ目で4回目の決勝となるミハイロ・ペトロヴィッチ監督に率いられた札幌は前半10分、右サイドでMF白井康介が縦への突破に成功するとマイナス気味のクロスを供給。それをファーサイドで受けたMF菅大輝がワントラップから右足を振り抜くと、クロスバーに当たったボールは川崎のGK新井章太にも当たりゴール内へ転がり込んだ。

ともに初優勝を狙い、攻撃的なサッカーを標榜する両者の対戦は、札幌が先制に成功した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング