オウンゴールが得点源? バルサ、バルベルデ体制の“摩訶不思議”な内訳に現地紙が注目

バルセロナのバルベルデ監督【写真:Getty Images】
バルセロナのバルベルデ監督【写真:Getty Images】

大黒柱メッシの19得点に次いで多いのがOG スアレスやデンベレを上回る“7得点”

 バルセロナは現地時間23日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3戦でスラビア・プラハ(チェコ)と対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの先制ゴールとオウンゴールによって、2-1で勝利をつかんだ。スペイン紙「マルカ」はエルネスト・バルベルデ監督体制となった2017-18シーズン以降、CLではオウンゴールがチームの大きな得点源となっていることを報じている。

「オウンゴール:バルベルデ体制のチャンピオンズリーグでは、バルセロナの2番目に多いゴールスコアラー」

 記事では、このような見出しでバルセロナにおける意外なデータが紹介されている。

 バルセロナがバルベルデ監督の下で戦ったCLで、最もゴールを決めているのはエースのメッシで19得点。スラビア・プラハ戦のゴールで、CLで15シーズン連続得点という前人未到の記録も打ち立てた。

 そして、それに次いで多いのがオウンゴールによる得点だという。その他の選手ではフランス代表FWウスマン・デンベレとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの4得点が2位タイというなかで、オウンゴールによる得点は計7度もある。

 2017-18シーズンにスポルディングCPのDFセバスティアン・コアテスとDFジェレミー・マテュー、オリンピアコスのDFディミトリス・ニコラオウ、ローマのMFダニエレ・デ・ロッシとDFコスタス・マノラス。昨季はマンチェスター・ユナイテッドのDFルーク・ショー。そして直近でスラビア・プラハのMFピーター・オラインカの計7人がバルセロナ相手にオウンゴールを献上した。

 ストライカーのスアレスがCLのアウェーゲームでは2015年9月を最後に得点を決めてないというデータもある。欧州最高峰の戦いの中ではオウンゴールに助けられている部分も大きいようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング