バルサ、インテル戦で復帰のメッシに“粋な演出” 名前でなく「史上最高」とメンバー発表

バルセロナFWメッシへの粋な計らい【写真:Getty Images】
バルセロナFWメッシへの粋な計らい【写真:Getty Images】

メッシがCLインテル戦で負傷から復帰 クラブの公式ツイッターがメンバーを発表

 バルセロナは現地時間2日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2節インテル戦に向けて招集メンバーを発表した。9月24日のリーグ第6節ビジャレアル戦(2-1)で今季初先発を果たしたものの、負傷交代していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが復帰。公式ツイッターでメンバーを発表したクラブは、「10番」を「メッシ」とは書かず「The Goat」と表現し、反響を呼んでいる。

 今季のバルサはリーグ戦直近2試合で連勝を飾っているものの、シーズン序盤は開幕ダッシュに失敗し、今一つの出来となっている。ビジャレアル戦では開幕前から負傷に苦しんでいたメッシが先発復帰したものの、左足の内転筋付近の違和感から後退を余儀なくされた。エルネスト・バルベルデ監督はエースのけがを「内転筋の違和感以上のものではない」と話し、軽傷を強調。9月27日の次節ヘタフェ戦(2-0)は欠場したが、今週の練習には参加していた。

 そんななか、注目の一戦となるCLインテル戦でメンバー入りが決定。公式ツイッターではベンチメンバーが発表され、ナンバー「10」も名を連ねた。だが、その名前は「Messi」ではなく、「The Goat」。「the Greatest of all time」の略語で“史上最高”と表現し、反響を呼んでいる。

 コメント欄では「キングの準備ができた」「Goatが戻ってくる!」と歓喜の声が溢れた。だがその一方で「なぜロナウドが10番を着ているの?」「ロナウドがメンバー入り?」など、長年“史上最高選手”はどちらか、という議論を繰り広げてきた“メッシ×C・ロナウド論争”がこの場でも勃発。ファンたちが盛り上がりを見せた。

 CLのグループリーグ初戦となったドルトムント戦では0-0に終わったバルサ。インテル戦で、メッシは「史上最高」であることを改めて証明できるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング