元英代表FW、マンU“復権”に「1337億円以上が必要」 スールシャール監督解任は反対

開幕6試合で8位と苦戦を強いられているマンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】
開幕6試合で8位と苦戦を強いられているマンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】

元イングランド代表、サットン氏がコラムで見解を述べる

 マンチェスター・ユナイテッドが、王者マンチェスター・シティや昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)覇者のリバプールに追いつくにはどれほどの資金が必要なのだろうか? かつてチェルシーなどでプレーした元イングランド代表FWクリス・サットン氏は、実に「10億ポンド(約1337億円)以上」との見解を示している。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

 ユナイテッドでは、レギュラーのフランス代表MFポール・ポグバが負傷離脱。オレ・グンナー・スールシャール監督は現地時間22日の第6節ウェストハム戦(0-2)で、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイとセルビア代表MFネマニャ・マティッチを中盤で起用したが、サットン氏は「デイリー・メール」の自身のコラムで、「この2人がトップ10に入る価値のある選手かどうかもわからない」と苦言を呈している。

 また攻撃陣では現在のユナイテッドは、ファーストチョイスのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのほかに、ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ、元スペイン代表MFフアン・マタ、ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズを擁している。

 ただ、サットン氏は「マタはこれまでファンタスティックなサッカー選手だったが、今は背番号10として機能していない」と述べ、「ペレイラとジェームズは成長途中の選手たち。特にジェームズにはポテンシャルはあるが、まだ21歳なうえにプレミアリーグに来たばかりで、不安定なのは当然だ」と続けている。

 ユナイテッドはベルギー代表FWロメル・ルカクがインテルに去ったあとに穴埋めに失敗。フランス代表FWアントニー・マルシャルとラッシュフォードにはプレッシャーがかかるが、マルシャルにとっては11点を決めた2015-16シーズンが自身のベスト。期待の新星ラッシュフォードも昨季の10得点が最高で、しかもウェストハム戦で負傷し離脱が決定していて、サットン氏は「ビッグトロフィーを獲得するには、ユナイテッドが持っていないビッグな選手らが必要だ」と話している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング