南野拓実、CL“初舞台”で別格の輝き 華麗な2アシストと隠れた「ファインプレー」

サイドハーフとして守備での働きも抜群

 守備での働きも抜群だった。ザルツブルクの両サイドハーフは常に相手CBとサイドバック(SB)、ボランチの位置を見ながらポジショニングと消すべきパスコースが変わってくる。例えば、相手CBが持った時には、そこからSBへのパスコースを消しながら距離を詰め、その間に味方のボランチが相手ボランチやトップ下へのパスを予測して網を張っておく準備をしている。この日の3点目は、まさにその形でボランチのMFズラトコ・ユヌゾビッチがボールを奪ったところから生まれたのだ。

「チームの勝利に貢献できて良かったと思います」と振り返っていた南野。チームのために、ピッチの上で貢献できる喜びを噛み締めていたことだろう。90分を通してチャンスメイク、ゴールメイクを繰り返し、守備で起点を作り、自分でもボールを奪い返す。その活躍は、チームの主軸としてふさわしいものばかりだった。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング