南野拓実、CL“初舞台”で別格の輝き 華麗な2アシストと隠れた「ファインプレー」

素晴らしかったのは2アシストだけではない

 躍動感のあるプレーが続く。チーム2点目の起点を作ったのも南野だ。

 前半34分、自陣深いところでパスをもらうと、相手の守備が整っていないのを認識して素早くロングボールを敵陣へ。強引にボールを収めた韓国代表FWファン・ヒチャンからのパスを受けたホランドが、2点目となるゴールを決めた。その後も南野は、必死にボールを奪いに来ようとする相手の狙いをことごとく外し、チームの攻撃のリズムを作り出していく。

 そして、ザルツブルクの5点目となるゴールは、1人で“総合演出”。前半アディショナルタイム2分、自陣ペナルティーエリアすぐ外でクリアボールを受けた南野は、後ろからチェックに来る相手選手を鋭いターンで外すと、そこからピッチをどんどん駆け上がる。必死に追いすがる相手のスライディングタックルを受けても持ちこたえ、そのままドリブルで持ち運んでいく。ゴール前の様子を見極めたあとに左足で送られたクロスは、スピードも、タイミングも、コースも、高さもすべてが最適なもの。ハンガリー代表MFソボスライ・ドミニクのゴールをアシストすると、駆け寄ってくる仲間を最高の笑顔で迎え入れ、抱き合って何度も何度も喜び合った。

「2つのアシストとも自分の長所を上手く出せたので良かった」と本人が語るように、どちらも素晴らしいプレーだったのは間違いない。だが、素晴らしかったのはこれだけではない。守備の戦術理解、味方のパスを引き出すポジショニング。受けてからの状況判断――そのどれもが高いレベルにあった。

 チームの攻撃が上手くいっていない時、攻撃的な選手は盛んにスペースでパスを要求するジェスチャーを見せることがある。だが狭いスペースに顔を出して必死にアピールすればするほど、相手からは狙われてしまう。

 確かにこの日は、ヘンクの守備がとても消極的で、出足が遅かったこともあり、スペースが普段以上にあった。それでも味方の出したいところにスッと顔を出し、相手が寄せてきたら守りにくいところへパスを展開していく南野の動きは、とても効果的だった。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング