「乾もいるよね?」 パラグアイ監督、会見で笑い誘う“逆質問”…「道を開いた」選手に称賛

パラグアイ代表のエドゥアルド・ベリッソ監督【写真:Getty Images】
パラグアイ代表のエドゥアルド・ベリッソ監督【写真:Getty Images】

スペインでプレーする日本人選手に対し「実力を備えていることを証明した」

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイと対戦する。前日記者会見に臨んだ対戦国パラグアイのエドゥアルド・ベリッソ監督は、スペインでプレーする日本人選手について尋ねられた際、「乾もいるよね?」と“逆質問”し、会場の笑いを誘った。

 10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦を前に、パラグアイ戦は重要なテストマッチとなる。日本も参加した今年6月開催のコパ・アメリカ(南米選手権)で、パラグアイはグループリーグを突破。準々決勝で敗退したものの、優勝国ブラジルを相手に0-0の末、PK戦まで持ち込む接戦を演じていた。

 ベリッソ監督はパラグアイ代表の監督就任前にセルタ、セビージャ、アスレチック・ビルバオなど数々のクラブをスペインで率いた経験を持っているが、現在スペインでプレーする日本代表MF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)や同MF久保建英(マジョルカ)について尋ねられると、「乾もいるよね?」と“逆質問”し、会場の笑いを誘った。今回は招集外となったMF乾貴士を含め、柴崎や久保らが日本にとって重要な存在であることを主張している。

「スペインリーグでプレーしている日本の選手たちに対してはとても良い印象を持っている。今回、久保がレアルに移籍(その後、マジョルカに期限付き移籍)したことで、日本のファンや報道の皆さんがリーガ・エスパニョーラに注目してもらえるきっかけになるのではと思う。それはすなわち、これまでリーガでプレーしてきた選手たちが、そこで戦えるだけの実力を備えていることを証明したうえで、道が開けたのだと思う。乾や柴崎も競争力のある、力を持っている選手だと考えている」

 パラグアイはFIFAランキング39位である一方、日本は33位のため、わずかながら上回る構図にはなっているが、実力的に拮抗していることは間違いない。猛者が集う南米で鍛え上げられたパラグアイを相手に、日本はどういった戦いを演じることができるのか、注目が集まる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング