バルサ監督、驚きを受けた神戸の日本人選手は? 「素晴らしいキック力を備えている」

バルサを率いるバルベルデ監督【写真:Noriko NAGANO】
バルサを率いるバルベルデ監督【写真:Noriko NAGANO】

好パフォーマンスを見せたGK前川に感心「神戸は後方からプレーを作るチーム」

 バルセロナは27日、RAKUTEN Cupでヴィッセル神戸を2-0で破った。かつてクラブに在籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャ、MFセルジ・サンペールとピッチで再会することになったが、エルネスト・バルベルデ監督は神戸の“ある日本人選手”に驚きを抱いていたようだ。

 試合直前に昨季までバルセロナに在籍していた元ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの神戸加入が発表されたなか、ピッチ内ではイニエスタに鋭いミドルシュート、絶妙なスルーパスでゴールを脅かされ、前半は苦しい展開が続いた。後半、スペイン人FWカルラス・ペレスの2ゴールで勝利したが、バルベルデ監督は試合後、驚きを受けた神戸の選手に触れている。

「神戸は、後方からプレーを作るチームだなという印象だった。そして、GKが素晴らしいキック力を備えているなと驚いた」

 バルベルデ監督が注目したのは、後半37分までプレーしたGK前川黛也だ。2017年に関西大から神戸へ加入した前川は、正GKキム・スンギュの壁にぶつかっていたが、18年シーズン終盤にJリーグデビュー。26日には、キム・スンギュが韓国・蔚山現代へ完全移籍することが発表され、前川の重要性はさらに増すことになった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング