浦和GM、監督電撃交代の翌日に宣言 「誰がGMでも監督でも勝つサッカーを目指す」

浦和レッズの中村修三ゼネラルマネージャー【写真:轡田哲朗】
浦和レッズの中村修三ゼネラルマネージャー【写真:轡田哲朗】

オリヴェイラ監督との契約解除に至った理由に言及「ホームでの結果を重く受け止めた」

 浦和レッズは28日夜にオズワルド・オリヴェイラ監督との契約解除と後任への大槻毅監督の就任を発表した。一夜明けての記者会見で、中村修三ゼネラルマネージャー(GM)は「レッズとしては誰がGMでも監督でも勝つサッカーを目指すということ」と語っている。

 浦和は昨年4月上旬に堀孝史監督との契約を解除した際に、強化体制も一新した。その時に就任したのが、以前にも浦和でGMを務めたことのある中村GMであり、当時副社長だった立花洋一氏(今年2月から社長)が強化を掌握する形になった。そのなかでクラブの育成ダイレクターとユースチームの監督を務めていた大槻氏を暫定監督に据え、同月下旬にオリヴェイラ監督が正式な監督に就任していた。

 中村GMは、昨季途中就任から天皇杯の優勝に導いたオリヴェイラ監督について「途中で来てもらい、チームを変えるよりも目標(リーグ優勝)を変えずに目指すこと、クラブとして勝つチームを作りたい、それを実現してくれた。最後まで戦う、諦めないといった姿勢をお願いし、それをやってもらった。勝つことに突出して実現してくれた」と話した。

 その指揮官との契約解除に至った理由を中村GMはこう話している。

「シーズン前の補強ポイントを(オリヴェイラ監督と)話し、必要なポジションに必要な選手を獲得して良い準備ができたし、良いキャンプもできた。期待しかなかった。最近ではホームで1勝1分5敗、内容を見てもかなり悪い試合が続いたことと4連敗(ともにリーグ戦)。練習を見ていて、試合を分析した次への上積みがなかった。コンディションについては専門家だが、トレーニングでの強化ができていなかった。最終的にはホームでの結果を重く受け止めた」

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング