「センセーショナルな移籍劇」 バルセロナ、“夢を潰した”リバプールFWの獲得画策か

これまでのビッグネーム同様、「リバプール→バルセロナ」の系譜に名を連ねるか

 英紙「ザ・サン」は「バルセロナがCLの夢を潰した男、オリギのセンセーショナルな移籍劇を目論んでいる」と報じた。また、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「バルセロナは直接対決でオリギが見せたパフォーマンスに感銘を受けており、理想的なスアレスのバックアッパーとして熱視線を送るようになった」と伝えている。

 バルセロナは今季限りでのアトレチコ・マドリード退団が決定しているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得が濃厚とされているが、グリーズマンはサイドを主戦場とするアタッカーであるため、バルセロナは純粋な9番タイプのFWを求めているという。

 これまでスアレスに加え、元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらビッグネームをリバプールから引き抜いてきたが、オリギも「リバプール→バルセロナ」の系譜に名を連ねるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング