独誌「ブンデス今季ベスト11」 長谷部誠を選出、貢献を称賛「成功の保証人だった」

【一覧リスト】バイエルンから最多4人、ドルトムントとライプツィヒから2人ずつ選出

 その他には、優勝したバイエルンから最多となる4人が選ばれ、2位ドルトムントと3位ライプツィヒからは2人ずつが選出されている。「キッカー」誌が選んだ2018-19シーズンのベストイレブンは以下のとおり。

GK
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ/ハンガリー代表)

DF
ジョシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ代表)
長谷部誠(フランクフルト/元日本代表)
ヴィリ・オルバン(RBライプツィヒ/ハンガリー代表)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム→ドルトムント※/ドイツ代表)

MF
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/スペイン代表)
マルコ・ロイス(ドルトムント/ドイツ代表)
カイ・ハフェルツ(レバークーゼン/ドイツ代表)

FW
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/イングランド代表)
キングスレイ・コマン(バイエルン/フランス代表)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)

※=ニコ・シュルツはシーズン終了後にドルトムント移籍を発表

[ftp_del]


[/ftp_del]

(FOOTBALL ZONE編集部)



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング