独誌「ブンデス今季ベスト11」 長谷部誠を選出、貢献を称賛「成功の保証人だった」

フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】

「キッカー」誌が今季を総括 ベストイレブンに長谷部、優勝したバイエルンから4人選出

 ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が、ブンデスリーガ2018-19シーズンのベストイレブンを発表した。その中にはリベロを主戦場とした元日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)の名前もあり、今回はDFの1人として選出されている。

 今季のブンデスリーガは最終節まで優勝が決まらない激しいシーズンだったが、終わってみればバイエルンが前人未到の7連覇を達成。一時は首位を独走していたドルトムントは、終盤に失速してバイエルンに逆転を許してしまった。

 長谷部が所属するフランクフルトはUEFAヨーロッパリーグ(EL)を準決勝まで勝ち進む勢いを見せ、リーグ戦でも最後までUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内を争った。しかし最終順位は3位がRBライプツィヒ、4位がレバークーゼンとなり、フランクフルトは7位でシーズンを終えて来季のEL予選2回戦からの出場権を獲得した。

 今季を老舗専門誌「キッカー」が総括。今季ブンデスリーガにおけるベストイレブンを発表した。DFとして選ばれた長谷部に対して同誌は、「日本を代表する長谷部誠は長く続いたアイントラハトの壮大なシーズンにおける成功の保証人だった」と評価している。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング