マンC×リバプール、史上最高の「新2強時代」へ 2人の名将に見た“強さの根源”とは?

(左から)マンチェスター・シティのグアルディオラ監督、リバプールのクロップ監督【写真:Getty Images】
(左から)マンチェスター・シティのグアルディオラ監督、リバプールのクロップ監督【写真:Getty Images】

1位と2位の合計勝ち点「195」はプレミアリーグ史上で断トツのトップ

 今季のプレミアリーグは文字通り、未曾有の優勝争いだった。

 凄まじく強い2強が際立ち、歴史を作った。優勝したマンチェスター・シティの勝ち点が「98」、そして2位となったリバプールが「97」。筆者は1993年3月に英国に移住したため、1992-93シーズンに創設されたプレミアリーグの歴史を見続けてきたが、こんなハイレベルな優勝争いは本当に記憶がない。

 そこで、これまでのプレミアリーグ27シーズンの1位と2位の勝ち点記録を調べてみた。すると今季のシティ「98」、リバプール「97」の勝ち点合計「195」がぶっちぎりの記録であることが歴然とした。

 2位は昨季だった。優勝したシティが大記録となる勝ち点「100」を達成し、2位マンチェスター・ユナイテッドの「81」を合計すると「181」。「180」点を超えたのは昨季と今季だけだが、しかし昨季と今季の勝ち点差は「14」と大きく開いている。

 3位は一昨季の優勝チェルシー「93」と2位トットナム「86」の合計「179」。こうして見てみると、直近の3シーズン連続で1位と2位の勝ち点合計記録が更新され続けたことになる。4位は優勝ブラックバーン「89」、2位ユナイテッド「88」の合計「177」で1994-95シーズンまでさかのぼる。しかし、このシーズンまでプレミアリーグは22チーム42試合制だったため、同一条件での記録とは見なさず、あくまで参考までの数字とする。

 その他のシーズンで合計170点台を記録したのは10回。そのうち1回は前述した42試合制だった1993-94シーズンの記録。続いて160点台が7回、150点台が6回(1回は42試合制の1992-93シーズン)。最低点を記録したのは1996-97シーズンで、優勝ユナイテッド「75」、2位ニューカッスル「68」で唯一の合計140点台となる「143」だった。

 こうした数字を見ても、今季のシティとリバプールの優勝争いが、いかに突出したハイレベルなものだったかが分かるはずだ。

 結果的にリバプールはわずか1敗で、4敗のシティに優勝を明け渡した形になった。これまで38試合を1敗で乗り切ったのは2004-05シーズン優勝のチェルシーだけ。この時のチェルシーが記録した勝ち点「95」は、昨季シティが勝ち点「100」を樹立するまでのプレミア最高勝ち点記録だった。もちろん、2003-04シーズンにはアーセナルが“インビンシブル”(無敵艦隊)と異名を取った伝説の無敗優勝を達成しているが、成績は26勝12分で意外にも勝ち点は「90」までしか伸びていない。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

森 昌利

1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング