長谷部誠、“輝かしい1年”の最終決戦へ フランクフルトはCLを目指し「勇敢に攻める」

フランクフルトのヒュッター監督【写真:Getty Images】
フランクフルトのヒュッター監督【写真:Getty Images】

首位バイエルンと運命の最終決戦 ヒュッター監督「トップパフォーマンスで臨む」

「僕らがもう、どちらかに絞るというのははっきりいって、今こう振り返ってもできなかったと思いますね。やっぱり両方チャンスがあったわけだし、そのなかでヨーロッパリーグは結構、リーグとは違って自分たちの良い戦いができていた。そこに関してはそんなに僕自身も、チームも心配してなかったですね」

 いけるところまで、自分たちはチャレンジし続けてみせる。そう決意して、覚悟を持って戦ってきた日々を悔やむなんてはずがない。それに長谷部は「アイントラハトというクラブがそういう経験とか、あとはチームとしてのクオリティーとか、まだまだ両方戦うには足らなかったのかなと思います」と振り返っているが、ほとんどローテーションもできないだけの戦力で、主力に負傷者を抱えながらも、ELでベスト4、そしてリーグでもまだ来季のCL出場権を狙える位置につけられるチームなど、そうはない。だいたいはどちらかでしか好成績を挙げられないものなのだから。フランクフルトが今季成し遂げていることは、すでにセンセーショナルなことなのだ。

 だからこそ、最後まで自分たちの姿勢を見失わずに立ち向かうのだ。マインツ戦後の記者会見でアディ・ヒュッター監督は、「バイエルン戦で自分たちはアンダードックの立場だ。勇敢に攻める。チェルシー相手にも見せたサッカーだ。今の状況は自分たちの責任でもある。ここ最近のリーグ戦で勝ち点を取り逃してきた。それでもまだチャンスが残っているんだ。トップパフォーマンスで最後の試合に臨む」と宣言した。

 久しぶりにしっかりと、休養と準備の時間を取ることができる。今季のフランクフルトは大事な一戦で、常に素晴らしいサッカーを披露してきた。相手がバイエルンだろうと委縮したりはしない。泣いても笑っても、これがラストマッチだ。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド