元バルサの鳥栖FW、“360度ターン”で元日本代表MF翻弄…「スーパープレー」認定

サガン鳥栖FWクエンカ【写真:Getty Images】
サガン鳥栖FWクエンカ【写真:Getty Images】

Jリーグ公式が「スーパープレー」を公開、絶妙パス・強烈ボレー・幻惑ドリブルなど選出

 11日と12日に各地で開催されたJ1リーグでは、FC東京MF久保建英のボレー弾をはじめ、川崎フロンターレFWレアンドロ・ダミアンのオーバーヘッド弾など数多くのスーパーゴールが生まれた。その一方、卓越したテクニックで会場を沸かせた「スーパープレー」をJリーグ公式が選出。その中に元バルセロナのサガン鳥栖FWイサック・クエンカが披露した“360度ターン”も収録されている。

 Jリーグ公式ツイッターは、13日に1本の動画を公開。「ゴール以外にもこんなにスーパープレーが!?」と題して第11節で生まれた「スーパープレー」を一挙に公開している。

 映像では各項目の超絶プレーがピックアップ。ジュビロ磐田GKカミンスキーの好セーブに始まり、湘南ベルマーレMF梅崎司の圧巻FK、北海道コンサドーレ札幌DF福森晃斗の絶妙パス、大分トリニータMF松本怜の正確クロス、名古屋グランパスの魅惑的パスワーク、セレッソ大阪FW都倉賢の強烈ボレーシュート、ヴィッセル神戸の気迫漲るディフェンス、横浜F・マリノスMF扇原貴宏の弾丸ミドルシュート、ガンバ大阪FWファン・ウィジョの幻惑ドリブルなどが紹介されている。

 その中の「ターン」で選出されたのが、かつてスペインの名門バルセロナに在籍した鳥栖FWクエンカだ。第11節でG大阪と対戦し、前半16分にクエンカが先制ゴールを決め、さらに後半にもPKなどで追加点を奪い3-1と勝利。今季2勝目は金明輝監督体制で初白星という幸先の良いものとなった。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング