リバプール、CLバルサ戦で劇的決勝点を呼び込んだ“ミラクルプレー”の舞台裏に英注目

リバプールDFアレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】
リバプールDFアレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】

バルサの選手たちが「不満を言ったり、集中を乱していることに気がついていた」

 リバプールは現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でバルセロナに4-0で勝利を収めた。第1戦の0-3という敗北から大逆転で2季連続決勝進出の奇跡が起きたが、そこにはチームスタッフの綿密な分析や本拠地アンフィールドのボールパーソンの献身があってこそだったという。英紙「インディペンデント」が報じた。

 逆転突破のためには4得点が必要な状況で試合を迎えたリバプール。エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが負傷欠場と“飛車角落ち”の苦しい戦いとなったが、その逆境を見事にはねのけた。

 前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギのゴールで反撃の狼煙を上げると、後半9分と11分に途中出場のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが連続ゴールをマーク。これでスコアをタイに戻し、極めつけは同34分だった。CKのチャンスでイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが機転を利かせた素早いリスタートを決めると、オリギがきっちりとゴールに結びつけて大逆転劇を完結させた。

 アレクサンダー=アーノルドの意表を突いたセットプレーは前もって決めていたサインプレーではなかったが、リバプールのアナリストがビデオによる分析でバルセロナの弱点を見抜いたことで生まれたものだったという。記事ではこう記されている。

「リバプールのマッチアナリストは先週のカンプ・ノウでの試合でバルセロナの選手が(リバプールの)フリーキックやスローインが与えられるたびに不満を言ったり、集中を乱していることに気がついていた。たとえ、その判定が明らかに正しいものだったとしても、だ」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング