3得点のトッテナムFWルーカスを同僚MFが絶賛 「彼の像ができることを願う」

トットナムのFWルーカス・モウラ【写真:Getty Images】
トットナムのFWルーカス・モウラ【写真:Getty Images】

CLアヤックス戦、後半3ゴールを叩き込んだルーカスの活躍を称えたMFエリクセン

 トットナム史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出の立役者となったのは、準決勝第2戦でハットトリックを達成したブラジル代表FWルーカス・モウラだ。同僚のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは「イングランドに彼の像ができることを願うよ」と圧巻の活躍を称えた。英公共放送局「BBC」が報じている。

 現地時間8日に行われたアヤックスとの一戦。トットナムは本拠地での第1戦を0-1で落としていたため、2点以上を奪っての勝利が最低条件のなかで第2戦を迎えた。しかし、前半のうちにさらに2点を失う劣勢で、必要なゴールは3点に増えた。

 この窮地からチームを救ったのがモウラだった。負傷欠場のエース、イングランド代表FWハリー・ケインを欠くなかで、先発出場を果たしたスピードスターは後半10分にカウンターから、イングランド代表MFデレ・アリとのパス交換でアヤックス守備陣を中央からこじ開けて追撃の1点をゲット。さらにその4分後にはGKが弾いたボールを広い、ペナルティーエリア内の混戦の中で巧みにボールをキープしてから、左足でゴールネットを揺らした。

 このままでは合計スコア2-3でトットナム敗退となるなかで、ドラマは後半アディショナルタイム6分に訪れた。最後方からのロングボールをFWフェルナンド・ジョレンテがDFを背負いながらつなぐと、これを受けたデレ・アリが前方へフリック。右から中央へ走り込んできたルーカスが左足を振り抜くと、ボールはゴール右隅へと転がり込んだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング