大逆転のリバプールに疑惑!? ロバートソンの“メッシ襲撃”に騒然「スマートじゃない」

ロバートソンがメッシに対して行った“疑惑の行為”が話題となっている【写真:Getty Images】
ロバートソンがメッシに対して行った“疑惑の行為”が話題となっている【写真:Getty Images】

前半1分、メッシを止めて上がる際にロバートソンが相手の後頭部を小突いた疑惑が浮上

 リバプールは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でバルセロナに4-0で勝利。2戦合計スコアで4-3とし、劇的な逆転突破で2年連続の決勝進出を果たした。ベルギー代表FWディボック・オリギとオランダ代表MFジョルジオニ・ヴァイナルダムが2ゴールずつを挙げたなか、開始直後にスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが相手エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して行った“疑惑の行為”が話題となっている。

 リバプールは前半7分にオリギのゴールで先制すると、後半9分からヴァイナルダムが3分間で2得点。後半34分にはイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの頭脳的なCKをオリギが押し込んでこの日2ゴール目を奪い、4-0と勝利した。敵地での第1戦で0-3と完敗を喫していたなか、奇跡的な大逆転劇で決勝に駒を進めている。

 一方で注目を集めているシーンは、試合開始直後の開始1分に起こった。センターサークル付近でボールを拾ったバルセロナのメッシが、ドリブルでリバプール陣内に侵入。強引に突破を試みたが、リバプールのブラジル代表MFファビーニョとロバートソンに潰されてボールを失った。メッシはピッチに転倒するも、ファウルの判定はなくプレーは続行。リバプールが攻撃に転じたが、交錯して倒れていたロバートソンが起き上がって通り過ぎる際に、メッシの後頭部を右手で振り払うように突いていったのだ。不意打ちで殴られた格好となったメッシは唖然。しかし、ロバートソンはファウルも警告も受けることはなかった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング