清水MF中村のFK…鹿島GKセーブも“ゴール疑惑”で物議 一連のプレー映像公開で反響

清水エスパルスMF中村慶太(写真はV・ファーレン長崎時代のもの)【写真:Getty Images】
清水エスパルスMF中村慶太(写真はV・ファーレン長崎時代のもの)【写真:Getty Images】

清水MF中村のFKを巡って波紋 ノーゴール判定も…「確実に入ってる」の声

 令和最初のJリーグが3日に各地で開催されたなか、J1第10節鹿島アントラーズ対清水エスパルスの開始早々に物議を醸すプレーが生まれた。DAZN公式ツイッターで問題シーンの映像が公開されると、ネット上では「入っている」「誤診」など反響が広がっている。

 鹿島がホーム県立カシマサッカースタジアムで清水を迎え撃ったなか、前半1分に清水の日本代表FW北川航也が相手ペナルティーエリア左前でDF町田浩樹に倒されてFKを獲得。キッカーを務めたのは清水MF中村慶太だった。

 5枚の壁の上を越える高精度キックから強烈な一撃がニアサイドに飛んだ。鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが横っ飛びで反応し、ぎりぎりのところでボールをはじき出した。ビッグセーブに思われたが、このプレーが波紋を呼んでいる。

 DAZN公式ツイッターが「清水・中村慶太がFKからゴールを狙う」と更新し、一連のプレー映像を公開。返信欄では「完全ゴール」「確実に入ってる」「誤審」「ボール2つ分」「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)導入しないの?」などの声が上がっており、ゴールを巡って様々な意見が噴出している。

 最終的にノーゴール判定となったが、令和最初のJリーグで生まれた疑惑プレーに波紋は広がりそうだ。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング