メッシがファンに異例の嘆願 コウチーニョへのブーイングに不満「団結しないといけない」

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

快勝に満足を示すも、アンフィールドでの第2戦に向けて警戒心

 バルセロナは1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝、リバプール戦の第1レグで3-0の勝利を収めた。この試合で2ゴールを挙げて勝利をもたらしたのが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。ホームで完封勝利を収め、決勝進出に近づいたバルセロナだが、エースはファンへ異例のお願いをしている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 リバプールとの第1戦に先発出場したメッシは、1-0とリードした後半30分、ドリブルからウルグアイ代表FWルイス・スアレスのシュートチャンスを演出する。スアレスのシュートがバーに跳ね返ったところを、メッシが押し込んでリードを広げた。さらに、その7分後にも直接FKを叩き込み、3-0の快勝に大きく貢献している。

 フランス代表FWウスマン・デンベレが決定機を生かしていれば、試合は4-0となっていたが、メッシは「もちろん4点差が付いていたらさらに良かったけど、3点差も十分にいい結果だよ」と勝利を喜んだ。その一方で「3-0は良い結果だけれど、まだ決着はついていない。僕たちは歴史のあるスタジアムに行って、多くのことが要求される。それでも満足はしているよ」と、第2レグを見据えた。

 そして、自らがFKから決めた2点目のゴールについても、「スペクタクルなほど、上手くいったね。コースが見えて、幸運にもその通りにボールが飛んで行ってくれた」と会心の一撃を振り返った。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング