激震の神戸より“危機的”なのは浦和? イニエスタ不在の一戦で見えた根深き問題

浦和レッズがホームにヴィッセル神戸を迎え撃ったJ1リーグ第8節は、前半のPKによる決勝点で浦和が1-0と勝利した【写真:木鋪虎雄】
浦和レッズがホームにヴィッセル神戸を迎え撃ったJ1リーグ第8節は、前半のPKによる決勝点で浦和が1-0と勝利した【写真:木鋪虎雄】

浦和が5万人超の観衆の前で辛勝 監督交代に揺れる神戸に対し重心を下げ1点を死守

 埼玉スタジアムから帰途に就く歩道や電車内では、四方八方から「イニエスタ詐欺」という言葉が聞こえて来た。4月20日のJ1リーグ第8節、浦和レッズがヴィッセル神戸をホームに迎えた一戦の観客動員は5万4599人で、同会場でタイトルを争った昨年度の天皇杯決勝(5万978人)や今年2月の富士ゼロックススーパーカップ(5万2587人)を超えた。

 スタンドを見渡せば、大半が赤を身にまとっていたから、多くの浦和ファンもアンドレス・イニエスタのプレーを楽しみにしていたに違いない。これでイニエスタは、埼玉スタジアムで2年連続欠場。浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は「どうもここでプレーするのが嫌いみたいだね」とジョークを発した。

 神戸サイドは、フアン・マヌエル・リージョ監督の退任を受けて、指揮権を引き継いだ吉田孝行監督が「(イニエスタは)全然大きな問題ではない」とコメントしているから、ルーカス・ポドルスキの主将辞退も合わせてチーム内の混乱ぶりが透けて見える。ボールは保持していても、一向に攻撃のスピードは上がらず、最終段階での精度も欠いた。ビッグネーム招聘は、観客動員には大きな効果をもたらした。だが反面、チーム作りの難しさも浮き彫りにした。

 ただし資金力を活かして夢を売ろうとした神戸に対し、それ以上に根の深い問題を引きずっているように映るのが、勝った浦和のほうである。

 開始10分で相手のミスからPKにつなげて先制した。前半を終えたオリヴェイラ監督は「もっとプレスをかけて圧力を強めよう」とコメントを残している。しかし、本当に浦和がプレスをかけようとしていたのかは疑問だ。

 神戸は2枚のセンターバックの間に、セルジ・サンペールと山口蛍のどちらかが降りてビルドアップを始める。そこには一応エヴェルトンと柏木陽介がついていくが、過度な自由を制限する程度の巡回警戒に過ぎず、基本は5-4-1を深めにセットして守備重視を貫いた。決勝点を挙げた興梠慎三が「見苦しい試合」と認めたように、大観衆はホームチームが重心を下げて1点を死守するのを見せられることになった。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング