浦和DF橋岡、“メンバー外”から復活 勝利に貢献のG大阪戦で「1試合の大切さ」実感

浦和レッズのDF橋岡大樹【写真:Getty Images】
浦和レッズのDF橋岡大樹【写真:Getty Images】

G大阪戦で右ウイングバックとして奮闘、公式戦4試合ぶりの出番で1-0勝利

 浦和レッズのDF橋岡大樹は、14日のリーグ第7節ガンバ大阪戦(1-0)でフル出場し、右ウイングバックで奮闘した。橋岡にとっては公式戦で4試合ぶりの出番であり、どうしても結果が欲しいタイミングだった。

 橋岡は昨季にユースチームからトップ昇格すると、5月からレギュラーとしてプレー。しかし、今季はチームが横浜F・マリノスからDF山中亮輔を獲得し、右サイドでもプレー可能なMF宇賀神友弥の存在に加え、昨季は負傷で離脱している期間が長かったDF森脇良太もまた、右サイドのポジションを争うことになった。

 橋岡は2月16日に公式戦がスタートした浦和で、欠場した試合こそあったものの、“ほぼ”レギュラーと言える立場だった。しかし、その風向きが変わったのが3月のインターナショナル・マッチウィークだった。

 橋岡は来年の東京五輪を目指すU-22日本代表に招集され、ミャンマー遠征へと旅立った。一方、浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督はその間に4バックを着手。3月31日のFC東京戦に向けて新システムを導入するなか、チームでトレーニングを積んできた選手たちと、代表でチームを離れていた橋岡で、どちらを起用するかで橋岡が外れるのは仕方がない部分もあった。そして、その間に森脇も好プレーを見せた。

 オリヴェイラ監督は、左右の両サイドを宇賀神がこなせるだけに、ベンチメンバーとしては山中か宇賀神が入ることになった。そのため、橋岡にとってはスタメンに入れないことが、そのまま試合の登録メンバーから外れるという苦しい時期を過ごすことになった。実際に橋岡も「3試合メンバーから外れて悔しさがあった」と話している。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング