G大阪が決勝点シーンで猛抗議も… MFエヴェルトンの来日初ゴールで浦和が1-0勝利

決勝ゴールを決めたエヴェルトン【写真:Getty Images】
決勝ゴールを決めたエヴェルトン【写真:Getty Images】

前半終了間際にG大阪DF藤春が負傷するアクシデント、そのままDF米倉と交代

 Jリーグにおける“ナショナル・ダービー”とも呼ばれるガンバ大阪と浦和レッズの顔合わせとなったJ1第7節の一戦が14日に吹田スタジアムで行われた。白熱した好ゲームが展開され、浦和が後半42分にMFエヴェルトンの来日初ゴールで決勝点を挙げて1-0で勝利した。

 G大阪はMF遠藤保仁とMF今野泰幸でダブルボランチを組み、FWアデミウソンとFWファン・ウィジョが前線に並ぶ4-4-2を選択。一方の浦和は直近の公式戦、全北現代(韓国)戦から続き、リーグ戦としては3試合ぶりの3バックを選択。右ウイングバックにMF橋岡大樹、左にMF山中亮輔が起用された。

 全体に最終ラインから前線へ向けて浦和が上手くボールを運ぶ回数が多かったものの、攻撃の最終局面に迫力を欠いた感が否めずになかなかゴールへ迫れない。一方のG大阪は浦和の守備陣にボールをカットされる場面が目立ったものの、強力2トップはゴールの予感を漂わせながらゲームが進む。

 そうしたなかでアクシデントが起こったのが前半44分だった。後方から全速力でオーバーラップを掛けたガンバのDF藤春廣樹の突破を浦和DF森脇良太も全力で追いかけてスライディングでボールをカットすると、トップスピードに乗った同士の接触で藤春は激しく転倒。ダメージが大きく、そのままDF米倉恒貴との負傷交代となった。前半はそのままスコアレスで終了した。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング