川崎の選手が語る今季J1の傾向と兆候は? 王者に立ちはだかる“3バックシステムの壁”

(左から)DF谷口彰悟、FW小林悠、MF中村憲剛、DF車屋紳太郎【写真:荒川祐史】
(左から)DF谷口彰悟、FW小林悠、MF中村憲剛、DF車屋紳太郎【写真:荒川祐史】

今季開幕から18チーム中10チームがトライしている3バックシステム

 J1リーグも全試合の約5分の1となる6試合を消化し、今季の上位争い、下位争いの構図が徐々に浮かび上がっている。現在サンフレッチェ広島とFC東京の2チームが無敗を維持し、昇格組の大分トリニータが躍進を遂げ台風の目となっているのに対し、波に乗り切れないのが王者川崎フロンターレだ。

 1勝4分1敗で勝ち点7の10位にとどまっている川崎は、いまだホームでの勝ち星がない。新戦力の適応を含めて課題は様々だが、リーグ連覇を達成し、国内で一時代を確立したことで、川崎が最も研究すべき対象となっていることも確かだ。

 一方、今季は3バックシステムを導入しているチームが目立っている。今季からシステム変更を施した広島を含め、コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレ、松本山雅、セレッソ大阪、大分トリニータが3バックをベースにしている。さらに、浦和レッズは開幕から第4節まで、清水エスパルスは第2節までを3バックで臨んでいる。ジュビロ磐田は守備の要であるDF大井健太郎を負傷で欠いていることもあり、最適解を模索している状況だが、これで18チーム中10チームが3バックにトライしていたこととなる。

【PR】2019年のJリーグがついに開幕! 川崎はJ1史上2度目の3連覇なるか?!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング