美しい低弾道…えぐすぎる!? 17歳久保建英、「衝撃の直接FK弾」をJリーグ公式も称賛

FC東京のMF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京のMF久保建英【写真:Getty Images】

ルヴァン杯鳥栖戦で直接FK弾を決め、待望の今季初ゴールで勝利に貢献

 FC東京のMF久保建英は、10日に行われたルヴァンカップのグループステージ第3節サガン鳥栖戦(1-0)で決勝FK弾を突き刺し、チームに勝利をもたらした。待望の今季初ゴールを、Jリーグ公式ツイッターも「衝撃の直接FK弾」と称賛している。

 1964年の東京五輪以来55年ぶりとなる、秩父宮ラグビー場でサッカーの試合が行われたなか、メインキャストを担ったのが久保だった。

 降りしきる雨のなか、0-0のまま進んだ試合は後半39分についに動く。敵陣のペナルティーエリア右でFKを獲得したFC東京は、後半17分から途中出場した久保がキッカーを担当。DF太田宏介がボールをまたいだ後、飛び上がるように力強く左足を振り抜いた一撃は、低い弾道で美しい軌道を描いて直接サイドネットに突き刺さった。今季公式戦7試合目で待望の初ゴール。久保はベンチに一直線に向かい、長谷川健太監督と抱き合って喜びを分かち合った。

「衝撃の直接FK弾 #久保建英選手の今季初ゴール!」

 Jリーグ公式ツイッターはこのような一言とともに、ゴールシーンの動画を公開。ファンからも「普通にえぐすぎん?」「セットプレーの精度も急成長していますね」といった驚きの声が上がっている。

 FC東京公式ツイッターが公開した試合直後の動画では、FK弾について「映像で見てください!」と笑顔で語り、ロッカールームではチームメートらから手荒い祝福を受けていた久保。もはや17歳という枠を飛び越え、いちJリーガーとして実績ある選手たちと互角以上に渡り合っている。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング