「ゾッとするタックル」 サラーの“ホラーな踏みつけ”が物議「退場処分となるべき」

リバプールFWサラー【写真:Getty Images】
リバプールFWサラー【写真:Getty Images】

リバプールはCL8強でポルトに2-0先勝も…サラーのワンプレーが波紋呼ぶ

 リバプールは現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でポルトと対戦し、2-0で勝利を収めた。ホームで手堅く先勝したリバプールだが、エジプト代表FWモハメド・サラーのあわや一発退場という危険なプレーが、「ゾッとするタックル」「退場処分となるべきだった」など波紋を呼んでいる。

 昨季CL決勝で涙を呑み、今季もベスト8まで勝ち進んできたリバプールは、ポルトを相手にプレミアリーグ暫定首位の実力を見せつける。前半5分、FWサディオ・マネが左サイドからグラウンダーのクロスを供給すると、ペナルティーエリア内で受けたFWロベルト・フィルミーノが後方にパス。MFナビ・ケイタがワントラップ後に右足を振り抜くと、相手選手の足に当たり、ディフレクションしたシュートがゴール右に突き刺さった。

 さらに同26分、MFジョーダン・ヘンダーソンのスルーパスに抜け出したDFトレント・アレクサンダー=アーノルドが右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、フィルミーノが合わせて瞬く間に2点のリードを奪った。

 その後は追加点こそ奪えなかったが、主導権を握りながら要所を締める盤石な試合運びを見せ、アウェーゴールを与えずに2-0で90分間を締め括った。2年連続のベスト4進出に向けて幸先良く先勝したリバプールだが、試合終盤に起きたサラーの危険なプレーが波紋を呼んでいる。

 2-0で迎えた後半38分、敵陣ペナルティーエリア手前でロングフィードを受けたサラーがボールをコントロールするも、相手選手が足を伸ばしたことでルーズボールに。サラーが取り戻そうと左足を伸ばすと、クリアを試みた相手MFダニーロ・ペレイラのすねを踏みつける格好となった。主審はファウルを取るも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は適応せずにカードのお咎めはなかった。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング