今季“無双”のバルサFWメッシ 36得点18アシストは「三冠シーズン以来」のハイペース

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

スペイン紙が集計 2014-15シーズン以来となる三冠獲得のチャンス

 バルセロナはリーガ・エスパニョーラ首位、スペイン国王杯決勝進出、そしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では8強に進出し、準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドとの対戦が決まった。2014-15シーズン以来となる三冠獲得のチャンスの芽が出てきたなかで絶好調なのが、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。スペイン紙「マルカ」によると、そのシーズンと同じレベルの数字を残していると報じている。

 メッシはCL決勝トーナメント1回戦のリヨンとの第2戦で2ゴール2アシストの活躍を見せ、チームの5-1大勝に貢献した。今シーズンからMFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)に代わってキャプテンの1人に就任。CLで優勝すると公言し、それをけん引するような有言実行ぶりだが、今季も現時点で公式戦36ゴール18アシスト。計54ゴールに絡んでおり、チーム総得点数109のほぼ半分をメッシが生みだしているのだ。

 このペースはルイス・エンリケ監督(当時)の初年度だった、2014-15シーズン以来となるハイペースなのだという。以下が「マルカ」紙が集計した、各シーズンの3月時点でのメッシの成績だ。

14-15シーズン 41ゴール20アシスト
15-16シーズン 36ゴール15アシスト
16-17シーズン 39ゴール13アシスト
17-18シーズン 32ゴール15アシスト
18-19シーズン 36ゴール18アシスト(※現地時間15日時点)

 余裕の30ゴール超え達成は相変わらずだが、アシスト数も近年で最もコンスタントにマークしていることが分かる。現時点で欧州5大リーグ全選手の中でゴール、アシストともトップに立っている。

 CLでもポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)とともに8ゴールで得点ランク首位タイにつけている。CL通算得点ランキングではトップのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の125得点に次ぐ108得点となっているが、この数字を積み重ねてビッグイヤーを再び掲げることはできるだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング