ブーイングなきバイエルンのCL16強敗退 ドイツ王者が認めた「自分たちの限界」

バイエルンにとって8年ぶりとなる、CLベスト16での敗退となった【写真:AP】
バイエルンにとって8年ぶりとなる、CLベスト16での敗退となった【写真:AP】

リバプールにあってバイエルンになかった“培ってきたもの”への自負

 試合後、両指揮官の表情はあまりに対照的だった。自身に満ち溢れた顔で「素晴らしい試合だった」と冷静に振り返るリバプールのユルゲン・クロップ監督に対して、バイエルンのニコ・コバチ監督は言葉数も少なく、「リバプールのほうが上だった。自分たちの限界を見ることになってしまった」と完敗を認めていた。

 バイエルンにとって8年ぶりとなる、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16での敗退。だが、本拠地アリアンツ・アレーナにブーイングは一切なく、挨拶に来る選手にファンから大きな拍手が沸き起こっていたほどだ。マッツ・フンメルスは「今回は正直、ここ数年よりは苦しい敗退ではない。ある意味、順当な負けだ」と語っていたが、この心境にファンも理解を示しているのだろう。怒りよりも、今のチーム状態なら仕方ないという見方のほうが強いのだ。

 試合前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が、「ホームで試合をするんだ。バイエルンが勝つよ」とコメントしていたが、そう感じさせるパワーバランスはなかった。

 バイエルンが、欧州トップレベルのクラブと呼ばれていたのはなぜだろうか。

 揺らぐことのない自信で自分たちの強みを引き出し、相手の弱みを徹底的に突いていく。相手チームが怯えてしまうほどの圧倒的な威圧感、自分たちが試合を決めるという強烈な意志。リバプールとの敵地での第1戦を0-0で乗りきり、迎えたホームでの第2戦では支えてくれるファンの声援をバックにさらに加速度を上げることができる――はずだった。だが、この日のバイエルンからはそうした姿が見られなかった。

 むしろアウェーのリバプールのほうに、そうした空気感があった。試合後の記者会見でクロップ監督は、「ファーストレグを終えて思ったのは、自分たちの仕事をしていこうということだ。(フィルジル・)ファン・ダイクが復帰したことで後ろを任すことができると考えた。だからオフェンシブな布陣で相手にプレスをかけていく、あえてオープンな状態で試合にいった。それが自分たちのプランだった。相手にチャンスを作られるかもしれない。でも積極的にいきたかった」とゲームプランについて語っていた。培ってきたものへの自負が、そこにはある。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング