スターリング、CL“ベストスキル”認定の美技に賛否 「100点満点」「ロナウドが上」

シティMFスターリング【写真:Getty Images】
シティMFスターリング【写真:Getty Images】

シャルケ戦の前半32分、鮮やかなバックヒールでアグエロのゴールを演出も…

 マンチェスター・シティは現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でシャルケを7-0で下し、2戦合計10-2の大差でベスト8進出を決めた。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが2ゴールで攻撃を牽引したなか、エースの2点目を演出したイングランド代表MFラヒーム・スターリングの華麗なバックヒールがこの日行われた試合の「ベストスキル」に選出されたが、賛否両論となっている。

 シティは前半32分、ゴール前に走り込んだポルトガル代表MFベルナルド・シルバが相手に倒されてPKを獲得。これをアグエロが絶妙なチップキックで決めて先制すると、美技が飛び出したのはその3分後だった。

 後方からの浮き球のロングボールにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したスターリングがペナルティーエリア内に侵入。シャルケDFバスティアン・オツィプカとの間に体を入れてゴールライン際でボールをキープすると、飛び込んできたアグエロに背を向けたままヒールパスを通し、エースがこれを流し込んでリードを2点に広げた。

 シティはその後、ドイツ代表MFレロイ・サネやスターリングらにゴールが生まれて大量7得点。2戦合計10-2でシャルケを破り、ベスト8に駒を進めた。

 CL公式インスタグラムは、「ラヒーム・スターリングの上品なアシストがスキル・オブ・ザ・デイを獲得」と動画を公開し、スターリングの華麗なバックヒールをこの日行われた試合の「ベストスキル」に選出。「なんてバックヒールだ」「100点満点」「一級品」と称賛が寄せられた一方、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが圧巻のハットトリックでチームを大逆転での8強進出に導いたため、「ロナウドが上」「なぜロナウドじゃない?」といった声も浮上していた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング