世界最高FKキッカーの“超絶ドライブ弾”に再脚光 急激に落ちる軌道に相手GKもなす術なし

ジュニーニョの“超絶ドライブ弾”に再脚光【写真:Getty Images】
ジュニーニョの“超絶ドライブ弾”に再脚光【写真:Getty Images】

CL公式インスタグラムが公開 バルセロナを相手に超絶FK弾を決めたジュニーニョ

 リヨンは現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16第1戦で、バルセロナをホームに迎え0-0で引き分けた。3月13日には第2戦に臨むため敵地に乗り込む予定となっている。CL公式インスタグラムは史上最高のフリーキッカーと評されたリヨンのレジェンドが、バルセロナ相手に決めたスペクタクルな直接FK弾の動画を公開。10年前のゴールが再び脚光を浴びている。

 2008-09シーズンのCLで、リヨンは優勝候補筆頭のバルセロナと対戦した。下馬評は高くなかったが、ホームでの第1戦はアウェーゴールを与えることなくスコアレスドローに持ち込んだ。第2戦は敵地カンプ・ノウでの厳しい戦いが待ち受けていたが、CL公式インスタグラムはリヨンの元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノが、この試合で決めた超絶FK弾の動画を公開している。

 左サイドでセットプレーを獲得し、ボールをセットしたジュニーニョは力強く右足を振り抜いた。ゴールマウスよりもはるかに高く放たれたボールは、鋭いカーブを描きながらゴール直前で急激に落ち、ファーサイドのネットに突き刺さった。

 名手ジュニーニョは、かつて“世界最高のフリーキッカー”としてその名を轟かせた。キャリア通算で76本もの直接FK弾をマーク。ブラジル代表として戦った06年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の日本戦(4-1)では、流れのなかから強烈な無回転ミドル弾を決めている。

 今回、CL公式インスタグラムで紹介された10年前の対戦で、リヨンは最終的にバルセロナに敗れベスト16で姿を消すことになった。敵地に乗り込むCL16強第2戦で、10年越しのリベンジを果たすことができるだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング