日本代表、アジア杯初戦で苦戦の原因 緊張? 審判? 暑さ? 第1戦や大会の難しさ?

アジアカップ初戦、3-2と苦しめられながら白星発進を飾った日本代表【写真:AP】
アジアカップ初戦、3-2と苦しめられながら白星発進を飾った日本代表【写真:AP】

真の原因はどこにあったのか? 森保監督や選手のコメントを基に紐解く

 森保一監督率いる日本代表は、9日のアジアカップ・グループリーグ初戦トルクメニスタン戦で先制を許すも、後半に逆転して3-2と白星発進を飾った。薄氷の勝利を手にした森保ジャパンだが、後半途中までリードされるなど苦しい展開を強いられている。果たして、その原因はどこにあったのか。監督や選手のコメントを基に紐解く。

 序盤から思うようにパスがつながらず、攻守ともに安定しない日本は、前半26分にMFアルスラン・アマノフに約30メートルの強烈ミドルシュートを叩き込まれて先制点を献上。0-1と劣勢で前半を折り返したが、後半に入るとFW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴール、MF堂安律(フローニンゲン)の1ゴールで3-1と逆転に成功した。終盤にPK献上でゴールを許したが、日本が3-2で逃げ切っている。

 試合後、森保監督や選手たちは様々な原因を指摘。初戦や大会特有の難しさ、緊張、暑さ、審判の存在などが挙がった。

 指揮官は「初戦特有の難しい試合になった」と振り返った一方、原口元気(ハノーファー)は「緊張感もあったし、暑さもあった」と語る。もっとも暑さに関しては否定派が大半だ。

「暑いなかでの試合になるという準備はできていたと思う」(森保監督)

「暑さは相手も同じなので関係ない」(長友佑都/ガラタサライ)

「少し暑かったのは想定内。暑さで動けないとか停滞したというのは言い訳にならない」(槙野智章/浦和レッズ)

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング