日本代表、アジア杯メンバー23人決定 現時点の「ベスト布陣」&「最新序列」は?

(左から)MF柴崎、MF堂安、MF中島、MF南野、DF冨安【写真:Getty Images&田口有史】
(左から)MF柴崎、MF堂安、MF中島、MF南野、DF冨安【写真:Getty Images&田口有史】

守護神でスタメンに最も近いのはGK陣最年長の東口か

 来年1月のアジアカップ(アジア杯)に向けて、森保一監督率いる日本代表の本大会メンバー23人が発表された。その多くは順当とも言える顔ぶれとなったが、2大会ぶりのアジア王者を目指す日本代表の最新序列はどうなっているのか。メンバー発表を受けて、現時点でのポジション別の最新序列とともに、“ベスト布陣”を見ていく。

■森保ジャパン「2018年戦績」
9月11日 コスタリカ戦 ○3-0(得点者:OG、南野、伊東)
10月12日 パナマ戦 ○3-0(得点者:南野、伊東、OG)
10月16日 ウルグアイ戦 ○4-3(得点者:南野2、大迫、堂安)
11月16日 ベネズエラ戦 △1-1(得点者:酒井)
11月20日 キルギス戦 ○4-0(得点者:山中、原口、大迫、中島)

【アジアカップ2019 UAE/日本代表23人ポジション別最新序列】
★=スタメン最有力候補

■GK
東口順昭(G大阪) ★
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

 森保体制発足以降、各シリーズで招集された三人が順当に選出。東口と権田が2試合ずつ、シュミットが1試合で起用されている。GK陣最年長の東口が最もスタメンに近い存在と言えるが、権田も全く引けを取らない。経験値では前者が勝るものの、試合前のコンディションで最終判断が下されそうだ。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング