「どのチームにも負けない」 ルヴァン杯MVPの東京五輪世代DF杉岡が語った勝因は?

大会MVPに選ばれた湘南ベルマーレDF杉岡【写真:荒川祐史】
大会MVPに選ばれた湘南ベルマーレDF杉岡【写真:荒川祐史】

前半36分、ルーズボールを回収すると迷わず左足を一閃して先制ゴール

 27日に行われたルヴァンカップ決勝、試合を決めたのは湘南ベルマーレの若き新鋭だった。決勝点となるゴールを決め、大会MVPに選ばれた東京五輪世代のDF杉岡大暉は、自身のパフォーマンスに課題を口にしつつ、チームとして成長して勝ち獲った優勝を喜んだ。

 試合開始のホイッスルが鳴ると同時に、湘南は勢いよく前に出た。前半1分にシュートまで持ち込んだ姿からも、いかに強い気持ちを持って横浜F・マリノス陣内に乗り込んで行ったのかが分かるはずだ。

 得点が生まれたのは前半36分だった。中盤でルーズボールが生まれると、杉岡は「あそこで誰かがターンしたら斜めに走ってやろうと思っていた。それで良いところにこぼれてきたので取りに行こうと思った」とボールを素早く回収。さらに前に運び、「目の前の相手が下がったのが見えたので、思い切って行ってみようかな」と迷わず左足を振り抜いた。

 放たれた強烈なシュートは枠内に飛ぶと、横浜FMの守護神GK飯倉大樹の手を弾いてゴールイン。結果的にこのゴールが決勝点となり、チームに24年ぶりのタイトルをもたらすこととなった。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング