不振ゲッツェに独メディア「同情の余地なし」 存在感放った香川とトップ下争いで明暗

不振のゲッツェに独メディアが厳しい評価【写真:AP】
不振のゲッツェに独メディアが厳しい評価【写真:AP】

トップ下で先発したゲッツェ、輝くことができず香川と途中交代

 ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦にトップ下で先発出場を果たすも、存在感を発揮することなく日本代表MF香川真司と途中交代を命じられた。母国メディアも、不振にあえぐ背番号「10」に「同情の余地なし」と辛辣な言葉を送っている。

 ドルトムントは現地時間18日のCLグループステージ第1節で、クラブ・ブルージュと敵地で対戦し1-0と勝利した。試合はスコアが動かない膠着した展開となったが、後半40分に敵陣ゴール前のクリアボールがアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチの足に当たり、ループ気味になったボールがそのままネットへと吸い込まれ、これが決勝ゴールとなった。

 この日、4-2-3-1システムを採用したルシアン・ファブレ監督は、トップ下のスタメンに公式戦4試合ぶりにゲッツェを起用。しかし、ドルトムントは格下相手に攻めあぐね、膠着した展開が続く。状況を打破すべく、指揮官は後半17分にゲッツェを下げて香川の投入を決断。すると、主戦場のトップ下に入った香川は効果的なパスワークで攻撃のリズムを作り、停滞していたドルトムントに活気をもたらした。

 これを受け、ドイツメディア「DW」はゲッツェについて「アイドルに一言。荒れ果てていた」と綴り、「注目されていたパフォーマンスは非常に残念なものだった」と指摘している。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング