長崎のオランダ人DFバイス、経験者が語るEL出場の意義と成長への“エネルギー”

16-17シーズンにUEFAヨーロッパリーグに出場した経験を持つV・長崎DFバイス【写真:Getty Images】
16-17シーズンにUEFAヨーロッパリーグに出場した経験を持つV・長崎DFバイス【写真:Getty Images】

16-17シーズンに3回戦でプレー 「選手としての自分をさらに成長させてくれた」

「誰もが知っている大会であり、あの舞台でプレーできたことは自分にとってとても大きく、特別な経験でしたね」

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 今年7月から、J1のV・ファーレン長崎でプレーするオランダ人DFヨルディ・バイスは、UEFAヨーロッパリーグ(EL)に出場した経験をこう振り返る。

 オランダの名門フェイエノールト出身で、年代別のオランダ代表でプレーしてきたバイスだが、ELに出場したのはCSパンドゥリイ・トゥルグ・ジウ(ルーマニア)に所属していた2016-17シーズンの一回のみ。マッカビ・テルアビブ(イスラエル)に2戦合計スコア2-5で敗れて3回戦で姿を消したが、後半27分から途中出場した運命の第2戦は今も悔しさと特別感がある試合として記憶されているという。

「ELを戦うにあたって自信もあったし、今思い返しても強いチームだったんですけどね。当時のチームは……他の面で問題を抱えていて、状態が良くないまま戦って負けてしまいました。今も残念な気持ちが残っています。それでも、あの一戦は自分のサッカー人生で重要な試合です。私は規律正しく、いつもソックスを下ろしてプレーしていた(元アルゼンチン代表MF)フアン・セバスティアン・ベロンが好きだったんですが(笑)、彼らも立った舞台でプレーできたんですからね。プレー面でも通用する部分としない部分の両方を感じることができて、選手としての自分をさらに成長させてくれたと思っています」

 そう語るバイスの言葉からは、ELがいかに特別なものであるかが十分に伝わってくる。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング