長友佑都、なぜ絶対不可欠な存在なのか? ガラタサライ監督が満足する「6つの理由」

ガラタサライDF長友佑都【写真:Getty Images】
ガラタサライDF長友佑都【写真:Getty Images】

トルコで2シーズン目を迎える長友、現地紙が高い評価を得ている理由を分析

 日本代表DF長友佑都は今夏、インテルから期限付き移籍していたガラタサライへの完全移籍が決まり、トルコでの2シーズン目を迎える。新シーズンに向けて調整を続けているなか、トルコ紙「GS GAZETE」は「ファティ・テリム監督がナガトモに満足する6つの理由」を特集。ガラタサライを率いるテリム監督から、なぜ長友が高い評価を得ているかを分析している。

 ベスト16に終わったロシア・ワールドカップ(W杯)で全4試合にフル出場した長友は5日に日本へ一時帰国。8月10日にリーグ開幕のアンカラギュジュ戦を控えるなか、25日に再びトルコへ旅立ち、新シーズンに向けて準備を進めている。

 長友は今年1月にインテルからガラタサライへ加入しており、記事では「ナガトモは昨季、最も士気を高めた存在だ」と言及。チームは今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)にも出場するなか、「日本人スターの補強は、テリム監督の支配力を強化することになり、CLに向けたパワーも与える」と見ている。

 同紙はテリム体制で長友の存在が重要になると記し、31歳の左サイドバックがチームにもたらした6つの要素を指摘。そして、それこそ指揮官が長友を高く評価する理由だという。

 一つ目は長友の多様性だ。同紙は「フットボールにおける多様性に突出している。主戦場は左サイドバックだが、右サイドバックや、時には中盤やウィングにも入れる」と、長友のユーティリティ性に太鼓判を押した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング