なでしこ&豪州、“利害一致”の時間稼ぎに韓国メディア「悔しい」 理解示す声も…

なでしこと豪州の“利害一致”の時間稼ぎに韓国メディアは、「悔しい」と伝えている【写真:Getty Images】
なでしこと豪州の“利害一致”の時間稼ぎに韓国メディアは、「悔しい」と伝えている【写真:Getty Images】

日本とオーストラリアが1-1ドローでW杯出場権獲得 韓国はB組3位で5位決定戦へ

 ヨルダンで開催中の女子アジアカップは13日にグループリーグB組の最終戦が行われ、日本女子代表はオーストラリア女子代表と1-1で引き分け、同組2位で準決勝進出を決めた。同時に8チーム中5位までに与えられる2019年女子ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 一方、同時刻で開催されたもう1試合では、韓国女子代表がベトナム女子代表に4-0で快勝。1勝2分の勝ち点5でオーストラリアと日本に並んだが、当該対戦成績での得点数で下回り同組3位に。これにより韓国のW杯出場権獲得の行方は、フィリピンとの5位決定戦に持ち越された。

 準決勝進出によりW杯出場を決めたかった韓国側にとって、日本とオーストラリアの試合運びは見過ごせなかったようだ。後半18分に先制した日本だったが、同41分に同点ゴールを許して1-1に。そこからアディショナルタイム2分を含めた約5分間、日本は後方でボールを回し続けて、そのまま試合が終了した。

 1-1のまま終了すれば、B組でオーストラリアが1位、日本が2位でW杯出場権を獲得できることを両チームともに理解していたため、「リスクを負いたくない」という利害関係が一致したわけだ。

 この行為に噛みついたのが、韓国メディアだ。

page1 page2 page3

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング