「レアルは常にCLで恩恵」「略奪事件だ」 ユーベDF、後半ATのPK判定に不満爆発

ユベントス、後半ATのPK判定をDFキエッリーニも非難【写真:Getty Images】
ユベントス、後半ATのPK判定をDFキエッリーニも非難【写真:Getty Images】

大逆転劇に近づいたユベントス、後半ATのPK判定をDFキエッリーニも非難

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリードに敗れたユベントスの選手たちが、決勝点となったPK判定への不満を募らせている。イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは「レアル・マドリードはチャンピオンズリーグで常に恩恵を受けている」と判定の偏りを主張した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ホームでの第1戦を0-3で落としたユベントスだが、敵地サンチャゴ・ベルナベウでのゲームではクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの2ゴールなどで、後半16分までに3-0と巻き返した。前日にバルセロナ相手に3点のビハインドを跳ね返したローマの再現を狙ったイタリア王者だったが、悲劇は後半終了間際に訪れた。

 右サイドのレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで折り返し、ゴール前で待っていたスペイン代表MFルーカス・バスケスがモロッコ代表DFメディ・ベナティアに後ろから倒された。マイケル・オリバー主審はこのプレーをファウルと判定し、レアルにPKを与えた。

しかし、ベナティアはボールにチャレンジしていてファウルには値しないものだとユベントスの選手は猛抗議した。特に激しく声を上げた守護神のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが退場となったが、判定が覆ることはなかった。

このPKをロナウドがきっちり成功させ、2戦合計スコア4-3でレアルが準決勝へ駒を進める結果となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

トレンド

ランキング