「PKをでっち上げた」「不公平」 守護神ブッフォン、CL敗退招いた主審の判定に怒り

ユベントスの守護神ブッフォン、CL敗退招いた主審の判定に怒り【写真:Getty Images】
ユベントスの守護神ブッフォン、CL敗退招いた主審の判定に怒り【写真:Getty Images】

CL8強レアル戦、2戦合計0-3から同点に追いつくも終了間際にPKを決められ敗戦

 ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、現地時間11日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦のレアル・マドリード戦後に、試合を決定づけるPK判定を下したマイケル・オリバー主審の判定に「レフェリーは彼だけに見えているPKをでっち上げたんだ」と苦言を呈した。スペイン紙「スポルト」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ユベントスはホームでの第1戦を0-3で落とし、崖っぷちのなかで第2戦を迎えた。敵地サンチャゴ・ベルナベウで最低3ゴールが必要という状況のなかで、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの2つのヘディングシュートと、フランス代表MFブレーズ・マテュイディのゴールで追いつく脅威の粘りを見せた。

 しかし、試合終了間際に悲劇が起こる。レアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの落としに飛び込んだスペイン代表MFルーカス・バスケスを、モロッコ代表DFメディ・ベナティアがペナルティーエリア内で倒してしまい、PKを献上した。

 この判定にブッフォンはオリバー主審に詰め寄って猛抗議したが、判定が覆ることはなく、異議に対してレッドカードが提示された。このPKをロナウドが確実に決め、トータルスコア4-3でレアルに軍配が上がった。

 怒りの収まらないブッフォンは試合後、「レフェリーは彼だけに見えているPKをでっち上げたんだ」と語るなど、主審への不満をぶちまけた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング