カバーニ獲りには否定的もディバラは獲得間近 ユベントス幹部が明かす

獲得交渉が進むディバラに関し「詳細を詰めているところ」

 国内2冠を達成しているユベントスの強化責任者が来季リーグ5連覇に向けたストライカー補強について激白。パレルモのアルゼンチン人FWパオロ・ディバラ獲得間近としながらも、交渉中とされていたパリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについてはターゲットではないとしている。

 イタリア国営テレビ「RAIスポーツ」に登場したジュゼッペ・マロッタGMはセリエA若手のアタッカーで最も有望と評価されるディバラについて獲得が近づいていることを明らかにした。

「我々はディバラに関してはパレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長と何回か会った。我々は現在詳細を詰めているところで、すぐに交渉がまとまることを願っている」

 今季13得点でセリエA得点ランク9位タイにつけている21歳のアタッカーは来季のユベントス入りに近づいている。一方、パリで交渉を進めていたと報じられていたカバーニに関しては否定的だった。

「しかしながら、カバーニは現実的なターゲットではない」と説明。13億円とも言われるカバーニの高額年俸がネックとなっているのかもしれない。

 だが、ディバラの獲得が成功すれば、6月6日の欧州チャンピオンズリーグ決勝バルセロナ戦で3冠を狙う「貴婦人」は来季、さらに陣容を充実させることになりそうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング