レアルがデ・ヘア獲得に向けてマンUに移籍金26億円で正式オファー

マンUは残留に白旗

 レアル・マドリードが、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得に向け、2000万ユーロ(26億円)の正式オファーを出したと、スペイン地元紙「マルカ」が報じている。
 すでにデ・ヘア自身は今季終了後、レアル移籍に合意していると報じられている。来季終了時まで契約を残すユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、守護神の契約更新を熱望してきた。だが、「彼はスペイン人でスペイン代表。そして、スペインのクラブが獲得に来ている。彼のガールフレンドもスペイン人。両親も毎週か隔週でやってきている。難しい状況だ」と、慰留に白 旗を揚げている。
 ユナイテッドは2011年、アトレチコ・マドリードから2000万ユーロ(26億円)で獲得した。そのデ・ヘアの移籍金に、5000万ユーロ(65億円)を求めているという。だが、契約満了までの時期が短いことから、レアル側は、まずユナイテッドに移籍金26億円を提示。最終的には3000万ユーロ(39億円)以下で決着させる方針だという。
 レアルは守護神イケル・カシジャスが本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの試合でゴール裏から大ブーイングを浴びる状況に陥っている。サポーターからの信頼を失い、今季無冠の理由の一つに挙げられている。GKの補強は急務とされている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング