移籍のシグナル? ファルカオがマンUサポーターに意味深なジェスチャー

不振のシーズンを送ったファルカオ

 マンチェスター・ユナイテッドのFWラダメル・ファルカオは、ホーム最終戦でサポーターに別れを告げたと、英メディア「BBC」が報じた。
 マンUは17日、ホームでアーセナルと対戦し、1-1で引き分けた。ファルカオは、その試合の後半16分、ロビン・ファン・ペルシーと途中交代した。「エル・ティグレ(虎)」は、ピッチの去り際、観衆に向かって大きく手を振り感謝を示した。初めて見せるジェスチャーだったため、現地ではサポーターへの別れのあいさつだったのではないかという臆測を呼んだ。
 ルイス・ファン・ハール監督は試合後、去就の騒が れるファルカオについてこう言及している。
「ファルカオの状況は皆さんご存じだとは思う。シーズン終了後、決断をする必要がある。彼がピッチを退く際に、さよならのメッセージをこめたのかどうかは、本人に聞かなければわからないことだ。現状、推測の域にすぎない」
 ファルカオは今季、ASモナコから1年間の期限付き移籍でマンUに加入した。だが、リーグ戦は、出番も限られ、わずか4ゴールと期待外れな結果に終わった。コロンビア人ストライカーは、オールド・トラッフォードを去る決心を固めているのかもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング