ジダン監督、絶好調イスコの“冷遇”否定 レアルで「不公平なことはしていない」

ジダン監督がイスコの冷遇を否定【写真:Getty Images】
ジダン監督がイスコの冷遇を否定【写真:Getty Images】

スペイン代表で躍動もレアルでは絶対的地位を築けず マンC移籍の噂も浮上

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコは、ロシア・ワールドカップ(W杯)の同国代表エースの座を確固たるものにしつつある。その一方で、レアルでは控えに回るケースがあり去就が騒がれるが、チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督は“冷遇しているわけではない”と会見で話している。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 現地時間31日に行われるリーガ・エスパニョーラ第30節ラス・パルマス戦を前に、ジダン監督は慣例となっている会見に臨んだ。スペイン紙「マルカ」が報じたところによると、報道陣の質問はイスコのことに集中したという。そこでジダン監督は、「私はイスコに不公平なことをしているわけではない」と口にした。

 27日に行われた国際親善試合のアルゼンチン戦(6-1)ではハットトリックをマークするなど、3トップの一角として圧倒的な存在感を発揮。2010年南アフリカW杯以来の優勝を目指す「ラ・ロハ」(スペイン代表の愛称)にとって、イスコは不可欠な存在へと成長した。

 その一方で、今季のレアルではリーグ戦25試合に出場したものの、先発は18試合にとどまっている。ジダン監督がローテーション重視で臨む方針ゆえだが、この状況にイスコが不満を募らせ、マンチェスター・シティへの移籍の噂が立つ現状となっている。それに対してジダン監督は、雑音を封じようとしている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング