マンU、プレミア大旋風のシンデレラボーイを巨額投資で強奪か

公式戦30得点のケインにマンUが81億円を準備?

 マンチェスター・ユナイテッドがトットナム・ホットスパーのFWハリー・ケインの獲得に乗り出すと英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 ケインは今季公式戦30ゴールをあげており、イングランドサッカー選手協会に年間最優秀新人賞にノミネートされ、イングランド代表にも選出されている。今季のプレミアリーグで最もブレイクした選手となった。

 今後、スパーズの顔として活躍することが期待されているが、ここにきてマンUが強奪を画策しているという。今季FWロビン・ファン・ペルシーやFWラダメル・ファルカオが不振となっているため、新たな柱となるストライカーを模索していると報じられていた。

 ルイス・ファン・ハール監督が獲得を熱望しており、4500万ポンド(約81億円)を準備する方針と伝えられている。

 マンUは既にPSVから2500万ポンド(約45億円)でFWメンフィス・デパイの獲得を発表しているが、今夏の投資額は360億円にも及ぶと伝えられており、投資に糸目をつけない模様だ。

 アカデミー時代からトットナムでプレーするホワイト・ハート・レーンのシンデレラボーイは、マンUの圧倒的な財力により活躍の場をオールド・トラッフォードに移すことになるのだろうか。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング