ユーベのネドベド副会長、CL8強レアル戦でのリベンジ期待 「美しい2試合になる」

ユベントスの副会長を務める元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏【写真:Getty Images】
ユベントスの副会長を務める元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏【写真:Getty Images】

昨季決勝では1-4と完敗 「カーディフを繰り返してはいけない」

 イタリア王者ユベントスは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で大会3連覇を狙う王者レアル・マドリードと対戦することが決まった。昨季決勝と同じ顔合わせになった対戦について、クラブOBで現在は副会長を務める元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏が、イタリア衛星放送局「プレミアム・スポーツ」に対して「カーディフを繰り返してはいけない」と語った。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ユベントスはウェールズのカーディフで行われた昨季CL決勝で、レアルと対戦した。それまで大会12試合で3失点と堅守を誇っていたが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、一時は同点に追いついたものの後半に3失点。1-4の大敗で欧州王者奪還を逃した。

 そのリターンマッチが決まると、ネドベド氏は「美しい2試合になるだろう」とコメント。そして、昨季決勝のリベンジへの思いの強さもまた表現している。

「もちろん、2連覇している最強のチームと対戦することになったことは理解している。我々はカーディフで起こったことを繰り返してはいけないが、そうならないことを信じている。当然、難しいゲームになるだろう。2人の出場停止(ミラレム・ピアニッチとメディ・ベナティア)がいる。しかし、試合はいつでも0-0から始まるんだ。昨季の決勝では彼の良さが出てしまったが、2戦合計での勝負ならば我々のチャンスが大きくなると考えている」

 ネドベド氏は第1戦でセンターラインの2選手が出場停止になることをマイナス要因としているものの、一発勝負の決勝より2戦合計を競うステージでの対戦に希望を見出している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング