「思いがけない英雄」 オイペン豊川、劇的残留を呼ぶ“奇跡のハットトリック”に激賞 

ベルギー1部オイペンのFW豊川雄太は現地時間11日のリーグ最終節でロイヤル・ムスクロン戦の後半12分から途中出場。怒涛の勢いでゴールに迫り、3得点1アシストとチームを逆転残留に導く出色のパフォーマンスを見せた。

オイペンのFW豊川雄太は後半12分から途中出場、3得点1アシストとチームを逆転残留に導く出色のパフォーマンスを見せた【写真:Getty Images】
オイペンのFW豊川雄太は後半12分から途中出場、3得点1アシストとチームを逆転残留に導く出色のパフォーマンスを見せた【写真:Getty Images】

リーグ最終戦に後半12分から途中出場 キャリア初の1試合3ゴールで残留に導く

 ベルギー1部オイペンのFW豊川雄太は現地時間11日のリーグ最終節でロイヤル・ムスクロン戦の後半12分から途中出場。怒涛の勢いでゴールに迫り、3得点1アシストとチームを逆転残留に導く出色のパフォーマンスを見せた。現地メディアでは「思いがけないヒーロー」と報じられ、指揮官のクロード・マケレレ監督らからも激賞されている。

 豊川がピッチに送り出された時点で、残留を争うメヘレンは別会場のゲーム(ワースラント・ベベレン戦)で2点をリード。得失点差で順位が決まる状況でその差は「3」に広がっていた。

 チームとして最低でも3点が必要な状況で、豊川は大仕事をやってのけた。同28分にFWルイス・ガルシアのクロスからヘディングで移籍後初ゴールを奪うと、その3分後にはガルシアのゴールをお膳立て。そして同35分には再びガルシアのアシストから豊川が頭で追加点を奪った。

 そして迎えた試合終了間際の後半44分、豊川はペナルティーエリア内で相手DFの背後からボールをかっさらい、そのまま右足で蹴り込んでハットトリックを達成。4-0で勝利を収めたオイペンはメヘレンを逆転し、劇的な残留を決めた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング