南野所属のザルツブルク、敵地でドルトムントを2-1撃破 地元紙「センセーショナル」

EL16強で香川所属のドルトムントと対戦 敵地で歴史的な勝利を収める

 FW南野拓実の所属するレッドブル・ザルツブルクは、現地時間8日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)16強のファーストレグで香川真司の所属するドルトムント相手に敵地で2-1の勝利を収めた。ドイツの強豪相手につかんだ大きな1勝を、地元紙は「センセーショナル」と報じている。

 試合が動いたのは、0-0で迎えた後半開始直後だった。右サイドの深い位置でドリブルを仕掛けた韓国代表FWファン・ヒチャンがトルコ代表DFエメル・トプラクに倒されてファウルの判定。ペナルティーエリアの中か外かの際どい位置ではあったが、主審はPKスポットを指差した。これで得たPKをコソボ代表MFヴァロン・ベリシャが成功させて、後半4分にザルツブルクが先制した。

 さらに同11分には再びベリシャがゴールを奪い、点差は2点に広がった。ドルトムントも同17分にドイツ代表FWアンドレ・シュールレが意地のゴールを奪ったが、1-2のまま試合終了。アウェーに乗り込んだザルツブルクが価値ある勝利を手にした。

 ザルツブルクの地元紙「ザルツブルガー・ナハリヒテン」は、「ザルツブルクがドルトムントで2-1のセンセーショナルな勝利」との見出しで結果を報じた。


世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら



 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング