ネイマール、“主審顔面直撃パス”で試合一時中断 大打撃に世界注目「天才が驚かせた」

CLレアル戦、1-1で迎えた後半にネイマールの鋭いパスが主審の顔面を強打

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表ネイマールは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント第1戦、敵地レアル・マドリード戦に出場したが、1-3で逆転負けを喫した。先制点をアシストした一方、主審の顔面を直撃する強烈なキックをお見舞いし、世界から注目を浴びている。

 試合は前半33分、ネイマールのヒールパスを受けたMFアドリアン・ラビオが利き足と反対の右足で蹴り込んでPSGがアウェーゴールを奪って先制。しかし、前半終了間際にレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて同点に追いつかれると、後半36分に再びロナウドにネットを揺らされて逆転され、さらに同41分にはブラジル代表DFマルセロに3点目を奪われた。

 1アシストのネイマールだが、意外なプレーがクローズアップされている。1-1で迎えた後半23分、左サイドでボールを持ったネイマールは、ゴール前へラストパスを供給しようと右足を一閃。鋭い弾道の一撃がゴールに向かって飛んだかに思われたが、途中でボールの方向が変わりチャンスが潰れてしまう。キックを阻止したのは、味方と相手いずれでもなく、試合を裁く主審だった。

 ネイマールが放ったボールは、イタリア人の主審ジャンルカ・ロッチの顔面を直撃。主審は痛みに顔を歪めて悶絶した。耳に付けている音声機器にぶつかったようで、試合が一時中断する事態となった。

 

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング