「多くの罠がある」 ドルトムントDF、“恩師”と激突するELアタランタ戦を警戒

ジェノア時代に師事したガスペリーニ監督と対決「全てのチームに足跡を残している」

 ドルトムントは現地時間15日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦で、セリエAのアタランタと激突する。エースだったガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがアーセナルに移籍するなど苦境のチームにあって、ディフェンスリーダーのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスがイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューでクラブへの愛情や契約延長オファーについて語った。

 パパスタソプーロスはブンデスリーガでプレーする以前はセリエAでプレー。2008年から2年間ジェノアに所属し、翌年には名門ACミランに期限付き移籍で加入した。イタリアとはゆかりがあり、アタランタ戦はジェノア時代に師事したジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督との対決になる。

「あの時、僕は20歳。ジェノアで多くを学んでいた。ガスペリーニ監督はピッチ上で優秀だった。全てのチームにその足跡を残している。セリエAはテレビでよく見ている。アタランタはセリエAの美しいチームとして紹介されている。団結していて、体格の良い選手が揃っているし、フィジカルも強い。サイドには危険な攻撃をする選手もいて、セットプレーは脅威だ。まさに僕がいた時と同じようにね。僕はジェノア1年目のシーズンに2ゴール決めている」

 リーグ戦では3位ながら首位バイエルンとの勝ち点差は19にまで開いている。現実問題としてリーグ優勝の道は険しく、ELはタイトル獲得のチャンスが残る重要な大会になる。

「この試合には多くの“罠”がある。皆、ドルトムントが優位だと言うが、50-50のバランスが取れた試合だと思う。こちらにバランスの針を傾けるために全力で臨む。この対戦を乗り越え、準々決勝に行きたい」

 

page1 page2

トレンド

ランキング