グティがレアル監督への“野心”をポロリ 「ジダンは続投しなければならない。でも…」

CLで対戦するネイマールは「レアルに来ると思っている」

 スペインの名門レアル・マドリードはリーグ戦での不調、スペイン国王杯の早期敗退によって残されたタイトルは事実上UEFAチャンピオンズリーグ(CL)だけとなっている。苦境のなかでジネディーヌ・ジダン監督の解任論も囁かれるが、現役時代に“銀河系軍団”の一員としてプレーした元スペイン代表MFグティ氏がレアルに関する現状を忌憚ない意見を発信した。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

 レアルは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、パリ・サンジェルマン(PSG)との第1戦を迎える。昨季はCL連覇、リーガ覇権奪回と数多くのタイトルを奪ってきたが、リーグ戦の不調でレアルに対する逆風は強まっている。下部組織のチームを率いるグティ氏は現役時代から気ままな性格で知られるが、決戦を前に様々なことに触れている。まずは、史上最高の移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でPSGに移籍した対戦相手のエース・ネイマールについてだ。

「レアル・マドリードは世界最高じゃないと。僕自身ネイマールはレアルに来ると思ってるし、(カリム・)ベンゼマはPSGに行くかもしれない。でも、ネイマールが来て(クリスティアーノ・)ロナウドが離れるなら、ノーだ」

 

page1 page2

トレンド

ランキング